鳴瀬川は ただの川?歴史の川です

鳴瀬川は ただの川?歴史の川です

船形山に源を発し北に流れ、漆沢ダムを経て、概ね東に流路を変える。中流域では大崎平野の南部を流れ、北側を並行して流れる北上川水系の江合川(荒雄川)と共に、宮城県北部の穀倉地帯を成す。美里町東部から徐々に南東に転じ、支流の吉田川と平行して流れ、東松島市浜市と東松島市野蒜の境界から石巻湾に注ぐ。(出典:Wikipedia)

この鳴瀬川流域は、江戸時代に、本石米(※下記解説)の舟輸送が栄えたところ。明治時代になると、直轄の事業で 河口の野蒜築港を核として、北上川と阿武隈川を、東名運河・北上運河、貞山運河で繋がりました。しかし、河口の野蒜築港は。幻に終わる、壮大なドラマがありました。下記ホームページに解説がありますが、このサイトでも近々公開いたします。
参考:野蒜築港ファンクラブ ホームページ http://www.geocities.jp/nobiru_fc/

※本石米とは、
宮城・仙台は古くから米の産地として知られています。仙台の米は、江戸時代から「本石米(ほんごくまい)といわれて、100万都市・江戸の人々の食生活を支えてきました。
仙台藩では領主・伊達政宗の頃から藩で米を買い上げて、石巻港を中心に荒浜、塩釜などの積み出し港から、船で江戸・隅田川東岸の深川まで米を運んでいました。深川のほとりには各藩の米蔵(こめぐら)が立ち並び、仙台藩の米蔵はその中で最大規模を誇るものでした。仙台の米は、江戸の米相場(こめそうば)を左右するほど影響力がありました。(出典:七十七銀行金融資料館)

鳴瀬川は ただの川?歴史の川です” への2件のフィードバック

  1. 鳴瀬川、幅が本当に広いのですね! そこに洪水に悩まされていた人々のために橋を架けようとした功お祖父様、感服です。

    1. コメントありがとうございます。この鳴瀬川は、明治時代ごろからの拡張工事で、今の川幅に大きく変化して来たようです。そして、河口には、幻に終わった国家プロジェクトの ”日本初の貿易港:野蒜築港” の物語がありました。近々このブログでも紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください