幻の国家プロジェクト、野蒜築港の話

幻の国家プロジェクト、野蒜築港の話


野蒜築港のお話です。 野蒜も一時、小野村に入っていましたので、明治時代のとても大きな出来事 。

この記事の更新版は、下記に移転しています。そちらもご覧ください。

お手数をおかけしますが、下記URLに設定変更していただくと、 『おらほのおのまち』 の最新版が閲覧できるようになるはずです。

https://ono.m-miura.tech/

小野を流れる鳴瀬川下流での話です。

小野まちを流れる鳴瀬川の河口で明治初期に、とんでもない国家プロジェクトが計画され、実行されました。それは、日本で最初の近代貿易港を作るというものでした。その場所が野蒜村でしたので、野蒜築港と呼ばれました。また、川の対岸の浜市村には、電気と下水道を完備した新市街地が作られ、東北の水運の拠点と世界に向けた貿易の拠点になるがはずでした。 
その工事は、明治15年に内港の突堤 が完成し、盛大な記念式典が行われたとの事。しかし、その2年後の明治17年の秋、大きな台風が襲来して、その突堤が流され、このプロジェクトは終焉してしました。もし、この台風襲来が無ければ、現在の横浜港のように野蒜港が繁栄していたかもしれません。

最近、”幻の野蒜築港 〔明治初頭、東北開発の夢〕西脇千瀬著”を読んで、新たに分かった事・思った事を書きます。(当時の新聞記事から、当時の地元の状況が描かれています。)

江戸時代~明治初期は船輸送の時代でしたので、宮城県を流れる、北上川、鳴瀬川、阿武隈川を運河で繋ぎ、米や生糸などを運び、 中心に位置する鳴瀬川の下流に国際貿易港を作るという計画は、当時の理に適っています。当時の内務卿(首相と同じ)の大久保利通の提言でした。なぜ最初の近代貿易港に東北の地に選ばれたかと言うと、 明治元年に始まった戊辰戦争が終結し、東北に生き残った 士族の士気を上げるためのプロジェクトだったとも言われています。

この築港に辺り、調査と選定と設計は、オランダ人技師のドールンという人(★注1)に委託されましたが、専門は河川の工事で、肝心の港湾技術は、実務経験がなかったようです。そのため、台風で突堤が流出する以前から、場所の選定と設計ミスで、外洋の荒波で突堤の破壊が始まっていたようです。(★注1にもありますが、 ドールンもこの 設計不備は気づいて、追加工事を提案しましたが、当時の国と県の財政予算では費用追加は不可能で却下され、ドールンの契約も切れ、築港の完成を待たずに帰国しました。)。

一期の内港工事と二期の外港工事が計画されましたが、 一期が難工事になり、計画の三年間から遅れに遅れ、完成まで六 年かかりました。仮の開港式も終わった2年後に 台風で突堤が流出する事態になり、 二期工事が行われないままこの計画は中止になりました。
野蒜築港、まずは、現地調査が不足していたことや、膨大な予算が必要になることが読めなかったことが一番の失敗の原因だったようです。

まとめ

明治時代の野蒜築港は失敗に終わりましたが、この経験は、その後の塩釜港構築で、外港防波堤を先に作るという手法に活かされているそうです。また、付帯した運河開削の工事は、一致の貞山運河としての完成に繋がっています。また、野蒜から山形に向かうために作られた関山峠道の完成などにも繋がっています。
この地で、明治時代に、大きなものにチャレンジした人々(地元の人と地元以外の人)を尊敬し、この話は伝承すべきだと思います。

参考書
幻の野蒜築港 〔明治初頭、東北開発の夢〕 出版社: 藤原書店 (2012/12/21) 西脇千瀬 (著)
第7回河上肇賞 本賞受賞作!

現在の野蒜築港跡の状況 2018年10月

東日本大震災でこの遺跡も多大な被害を受け、貴重な文化財の破損や流出があったようです。10月現在、跡地の記念碑や解説プレートなど、完全ではありませんが、少しずつ復旧して来ているようです。

野蒜築港ファンクラブのホームページも参考にさせていただきました
http://www.geocities.jp/nobiru_fc/

★注1  オランダ人技師 ファン・ドールンについて 
出典:ウィキペディア

1872年にファン・ドールンは来日し、お雇い外国人として契約を結んだ。明治政府から求められていたのは全国各地の港湾・河川の整備であった。まず同年5月に、利根川江戸川の改修のため利根川全域を調査した。この際、日本初の科学的な水位観測を行ない、両河川の分流点にやはり日本初の量水標5月4日に設置した。7月には淀川、その後は信濃川木曽川も視察している。さらに政府から求められた大阪港の築造のため、ヨハニス・デ・レーケジョージ・アーノルド・エッセルらの技師をオランダから招聘し、翌1873年に彼らが来日するとリーダーとしての役割を担った。同年3月25日には木津川支流を調査するなど精力的に業務をこなし、1874年には内務卿大久保利通によって月給を500円から600円に増額されている。これは当時の閣僚と同程度の金額である。契約期間の延長を前提とし、翌1875年にはオランダに一時帰国した。ファン・ドールンは1年後に再び来日し、大久保の立案した1878年の土木7大プロジェクトの実現のため、安積疏水野蒜築港の事業計画を立案した。安積疏水の事業においては、奈良原繁内務省官僚の南一郎平の優れた働きもあり、他国の大規模な灌漑事業との比較から詳細な計画が練られ、大きな成果を収めた。
一方、野蒜築港については明治天皇の東北巡幸の際に各県の県令から要望があったため、1876年にはファン・ドールンが現地に派遣されている。その後1878年に工事が始まったが、完成の1882年より前の1880年2月にファン・ドールンは契約を終えて帰国した。1885年に台風で壊滅的な被害を受けて野蒜築港は廃止され、後に廣井勇はファン・ドールンの設計を厳しく批判している。このため、自ら設計した野蒜築港の工事中に帰国したのは、設計の不備に気付き完成の確信が持てなかったためではないかとも云われている。一方、当時は古市公威ヨーロッパ土木工学を学んだ人々が続々と帰国しており、財政上の理由もあって多くのお雇い外国人が契約を更新されなくなった時期でもあったため、特別な事情はないという見方もある。  (ウィキペディアより)

★注2 貞山運河
出典:貞山運河研究所

野蒜築港の関連工事の東名運河、北上運河は、実は、貞山運河と総称される事があります。
貞山運河は、 政宗の江戸時代と明治時代の2つの時代の工事で完成が 木曳堀、新堀、御舟入堀の3つの堀と、東名運河、北上運河の2つの運河の総称とのことです。その延長は49kmにもなります。日本には多くの運河がありますが、たとえば、北海道の小樽運河は1.3km、利根運河は8.5km、神戸の運河は約3km程度で、貞山運河は明らかに、日本の運河としては最長です。
貞山運河の49kmのうちの2.6kmが仙台新港(仙台塩釜港)の建設時に埋め立てられましたが、残りの46.4kmは現存しており、今でも小型船舶が航行できる水路として使われています。阿武隈川(岩沼市)をスタートし旧北上川(石巻市)までを、運河と湾で巡るとこうなります。  阿武隈川河口 ⇔ 木曳掘 ⇔ 名取川 ⇔ 新堀 ⇔ 七北田川 ⇔ 御舟入堀 ⇔塩釜湾 ⇔ 松島湾 ⇔ 東名運河 ⇔ 鳴瀬川 ⇔ 北上運河 ⇔ 旧北上川   貞山運河は、塩釜湾と松島湾を含めると、総延長はおよそ60kmにもなります。  貞山掘のお話は。http://teizan-canal.com/
を参考にさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください